査定金額はどうやってはじき出される?

不動産の買い取り、仲介での売却に関する情報を発信しているサイトです。これから不動産を処分する必要のある人は参考にしてみてください。

不動産買取・仲介売却で損せず売却するには?

HOME > 査定金額はどうやってはじき出される?

通常の売却は主に取引事例比較法により査定がされている

不動産の査定ですが、主に原価法と、収益還元法、取引事例比較法の主に3種類があります。通常、住宅を売却する際ですと、取引事例比較法を主に用いることが多いようです。2番目の収益還元法は、主に投資用物件などで活用される査定方法です。

取引事例比較法は、名前の通り過去の近隣を含めた住宅・マンションの売買の金額に基づいて査定額を算出する方法です。不動産会社の営業マンが売れるであろうという金額を提示するわけですね。

ただし、事例があまりない場合には、この方法を用いることができません。予想することが困難な場合は、実際に売りに出して反応を見ていくということが多いようです。それでいい反応が返ってくれば、高値で売却できる可能性もありますよ。

訪問査定と机上査定の2つがあります

実際に住宅物件の査定額を出す際には、主に訪問査定と机上査定の2つがあります。

机上査定は文字通り、物件を見ることがなく、築年数や駅からの距離に階層、間取りなどの簡単な情報のみで査定額を算出する方法です。訪問査定は、実際に不動産会社があなたの物件を見に来ることで査定額を算出します。当然、訪問査定の方が正確な査定額が出るのです。展望の良さや、日当たり、機能など見に来ないと分からない情報は非常に多いので、売る時期が近付いているという場合であれば訪問査定を受けておくのがいいでしょう。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2014 不動産買取・仲介売却で損せず売却するには? All rights reserved.